私の場合は、陰茎の亀頭の大きさが小さく、さらに仮性包茎であることがコンプレックスとなっていました。
勃起時は一応は勃ちあがって皮がめくれてくれるのですが、通常時は亀頭が完全に皮で覆われてしまい、ぷにょぷにょの小さなかたまりがちょこんとついているだけという感じです。
元々の形状が細いためか勃起しても重量感がなく、女性との性交で挿入しても、ぶかぶかな感じで交わっている実感があまりありませんでした。
そこで陰茎増大手術を受けようと思い立ったのです。
しかし、自分のおちんちんにメスを入れるのはかなり抵抗があったため、注射による陰茎増大を試みてみました。
医師と相談し私が選んだ注入剤は「コラーゲン」です。
厚生労働省で認可されている薬剤はヒアルロン酸とコラーゲンで、どちらも人体由来の物質であるため注入しても悪影響はないのですが、ヒアルロン酸は体内に吸収されやすく亀頭を大きくするのには向かないとのことでした。
コラーゲン注入は直接亀頭に注射をするのですが、テープ状の麻酔を亀頭に張ってから行うため痛みはありませんでした。
術後の亀頭がふっくらと大きくなった感じと張りが出たようで、以前よりも挿入したときの密着感が増したようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です